矯正歯科の時間がかかる理由 

矯正歯科の治療は、どうしても時間がかかってしまいます。それは、骨の代謝を利用するためです。骨代謝は、破壊と再生を繰り返すので、その骨代謝を利用して、骨を動かすことになります。強い力をかけたからといって、すぐに歯が動くわけではなく、力をかけすぎることで、歯の周囲の欠陥が圧縮されて、正常な代謝の妨げとなることがあり、歯が動かなくなったり、周囲の骨などにダメージを与えてしまうことがあるため、矯正歯科では、時間をかけて治療を行うことになるのです。

出っ歯の治療は矯正歯科へ 

出っ歯は上の前歯が出ていて横から見ると上の顎自体が前に出ていることがあります。出っ歯の場合、そのままにしてしまうこともありますが、矯正歯科で適切に治療を行うときれいな歯並びになります。出っ歯は口を閉じることが難しく、たえず口の中が乾燥しています。また、唇を切ったり、下の歯で上の歯茎を傷めたりしてしまいます。病気やけがとつながる危険性があるので、矯正歯科で治療を受けると良いでしょう。出っ歯の場合もブラケットで矯正していきます。

プチ断食に関する情報